初めてカードローンの利用に申し込む時、最も気になるのは、審査に通るかどうかということです。

カードローンの利用条件は、20歳以上で安定した収入があること、となっています。毎月の収入があれば、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも申し込めます。正社員ではないので審査に通らないかも、と心配する人が多いようですが、雇用形態についてはそれほど重視されない傾向があります。

雇用形態よりも重要視されるのが、勤続年数です。同じ職場で長く働いている人の方が審査に通りやすくなります。たとえ正社員であっても、転職したばかりの人よりも、長年同じ勤務先でアルバイトを続けている人の方が、安定した返済能力があるとみなされるからです。

カードローンの審査での重要チェック事項は、現在他社から借り入れしているかどうか、過去に滞納や金融事故の履歴がないかどうか、ということです。過去に滞納した記録がある、債務整理をしたことがある、という人は、審査に通るのが難しくなります。初めて申し込む人は、審査に不利となる履歴がないので、審査に通りやすいとも言われています。

また、消費者金融のカードローンで借り入れできるのは、年収の3分の1までということが法律で定められています。複数の会社から借りている場合は、合算金額が3分の1までとなります。既に他社から借りている人は、たとえ審査に通っても、希望通りの金額を借りられないこともあるので注意しましょう。