キャッシングやカードローンの申し込みの際に、借りたお金の使いみちを聞かれる事があります。これは会社によってまちまちなので、全く聞かれない事もありますし、聞かれるところもあります。もし聞かれた場合、どのように答えたら良いのでしょうか。

結論から言えば、正直に答えてOKです。入院費や引っ越し代、冠婚葬祭などの事情もあるでしょうし、生活費として必要な場合もあります。生活費と答えると審査にマイナスかと思われがちですが、キャッシングやカードローンを利用する人の大半が何らかの理由で生活費の工面の為に利用しています。ですので、生活費と答えても審査にはあまり問題はありません。

ただし、借りたお金をギャンブルに使うとか、他社返済に充てる、という事は絶対に言わない方がいいでしょう。お金の貸し借りは信用第一です。返済能力が無さそうな人には貸しません。審査の基準は各社バラバラで明かされていませんが、こういった質問への受け答えや内容は少なからず影響します。

また、事業資金としての利用を考えている人は要注意です。多くキャッシングやカードローンは事業資金としての借り入れはNGとしています。普通の借り入れと事業資金としての借り入れでは少し審査が違うからです。もし利用を検討している場合には事業資金OKのものに申し込みをしましょう。