金融機関からお金を借りるときには利息は出来るだけ小さくしたいと思うはずです。

同じ金額であれば借入利率が小さいほうが当然のことながら利息は小さくなります。

キャッシングの利用できる銀行と消費者金融の借入利率を調べると銀行の利率のほうが低くなっていることは一目瞭然です。

お金を借りるのであれば銀行のキャッシングを利用するのがお得なように思えますが消費者金融には銀行にはないサービスがあります。

それは利息がかからない無利息キャッシングサービスです。すべての消費者金融で行われているサービスではありまぜんが利息が1円も発生しないのですから大変お得なサービスであることは間違いありません。

だいたい借入日から30日間の利息を無料としている消費者金融が多いようです。

30日間に借入額を全額返済してしまえば利息はまったく発生しません。返済まで50日間かかったとしても30日間の利息は無料となるので20日分の利息だけ払えば良いことになります。

銀行より借入利率の高い消費者金融ですが無利息キャッシングを利用すれば銀行よりも安く借り入れることも可能となります。お金を借りる必要のある場合、無利息キャッシングを考慮して銀行と消費者金融とではどちらを利用するのがお得になるのか計算してみるのが良いと思います。